約見開きふたる(4ページ)ごとの一言的感想なのです。ジャンプをめくりながらどうぞ。


☆悪しき街に集う業!!降り立つ者は救世主かそれとも…!?超弩級ダークバトル読切!!センターカラー47ページ!!


七大罪の物語ってことは前作と同じかな?犯罪都市ヴァンドラ…。パンドラ?下絵とは、背景のことかな?確かにペン入れが…。


人間の所業じゃない…。ガラスの義足の神父は、冒頭の人物か…。オーウェンとサラ巡査…。幼馴染警察か…。化け物とか神とか、抽象的だなー。


なんだこれ…。すごい。マンガの文法を無視しているような??ぶっ飛びすぎていて訳が分からん…。オーウェンが神なの?


ミド神父か…。サラ巡査が何か怪しいとかあるのかもな?動きの表現に、ちょっと違和感があるのかな?もう犯人が登場するとは…!?


邪淫…。虫が気持ち悪いな…。サラ巡査に悪魔が憑依しているのか…。顔の怪我は、髪の毛で隠しているのか。警官を志した理由が良い。


サソリが入っているとか、ミスリードだろうな…。誰も助けてくれないとは…。教会がむしろ絶望に見える。え、エロ展開きたー!


オーウェン氏の状況把握がおかしいような気が…。感情が都合が良いような?やっぱり、動きが動いているようで動いてない…。ちょっと宗教的なモノローグ。


女を足蹴にするとは…。急に面白い…。邪淫(ルクスリア)か…。アスモデウスは、ナンパした人だったのか…。


ガラスの義足は対悪魔武器だったりするのかな?色々とやってて、アスモデウスがサソリの悪魔と説明を忘れているような…。


バトルからちょっとコメディモードへ…。真相に行き着くのがスピーディだったのは、このためか…。ボケてる間にえらいことになっとる…。


急に自分語りになったな…。顔の話とか、だれも触れてないような…。傲慢(スペルビア)。この辺りは、読切版をなぞっているのか…。


迫力の見開き。かなり気合が入っているな…。残り1ページで全てをおさめるとは…。読切版と共通する感覚…。作風かなぁ。


次号は伊原大貴先生の特別読切「目を見張るほどの未成年」登場!!